本文へ移動

室内設置型核シェルター

CBRNEe対応5Way室内設置型核シェルター

防爆・耐震・耐放射性物質・耐生物兵器・耐化学兵器対応の5Wayシェルター

C=化学兵器(サリン・VXガス等) B=生物兵器(炭そ菌等) R=放射性物質 N=核 E=爆発 e=地震
基本サイズ:外寸/W1800 ×D2300 ×H1800 床面積/4.14㎡(2.5畳) 推奨:大人2~3名用
自宅の一室に設置可能な為、地下埋設対応が不要。マンション・箱型の為、360度からの危険から身を守ることができ、家屋がつぶれる事態は勿論、地震で家具家電などが飛んでくる場合も安心して避難することが可能です。加えて、Jアラート等が鳴り、ミサイルなどが飛来した際の爆風による家屋破損時に起こりえるガラス片や木材などによる危険や、台風や竜巻による重量物の飛来なども360度防護なので安心して逃げ込むことが可能となります。加えて、CBRNフィルター搭載のレインボー36Vを内部設置する事で、放射性物質や化学兵器・生物兵器からも身を守ることが可能となります。
ミサイル落下時の爆風による打撃的被害から回避・核ミサイル落下時の放射線から回避・核爆発後の放射性物質から回避と鉄壁の守りを自宅の中に組み込む事が可能になります。特許出願中:特願2017-215532
日常生活ではシアタールームやオプション機能で酸素カプセルルームとして、書斎や作業部屋等新しい部屋が出来るイメージとなります。

日本の住宅事情に合わせた室内設置型

従来の核シェルターのイメージである、地下埋設型のシェルターは 『穴を掘る工事が可能な土地』 が必須条件になります。加えて掘削作業・基礎作り・埋め戻しなどの作業が加わり予算が高くなることがほとんどです。
 元々狭い国土の日本ではマンション住まい・庭が無い自宅・穴を掘ることが出来ない環境の方・地下埋設では予算が合わない方など核シェルターを用意したくてもそこに至る準備が出来ない環境の方がかなりの割合となっております。※例:東京の集合住宅率は約70%
その為当社では、マンションでも戸建てでも設置可能な室内型核シェルターをご販売しています。
マンション住まい・庭が無い自宅・穴を掘ることが出来ない環境の方・地下埋設では予算が合わない方と従来核シェルターをあきらめていた方も設置が可能となります。

外観

内装イメージ

シアタールームとして
ソファーを入れて
書斎として
ソファーベット仕様

一般的なシェルター対策と比較しても圧倒的ハイスペックなWNISHELTER

防災タイプのシェルター

地下埋設の防災シェルターですと地震・地価なので爆風は防げるが空気ろ過が出来ないので、生物/化学兵器や放射性物質から身を守る事は出来ません。その為、核ミサイル・原発トラブルなどでは効果が期待できないものとなります。

ろ過機のみ

すでに地下室を持っている方はこちらのみでも防爆含め対策が可能。一般家屋に設置する場合は、防爆・耐地震対策は出来ないもの。
 核・原発トラブル時に効果が期待できますが、地震等には対応が出来ません。

WNISHELTER

防爆・耐地震・耐生物兵器・耐化学兵器・耐放射性物質すべてにおいて守ることが可能な室内設置において最強の防護策
いままで核シェルターは無理だろうなとあきらめていた方向けの核シェルター
当社は各種シェルターの製造販売を行うワールドネットインターナショナル株式会社の山口県の正規販売代理店です。
株式会社宇部フィルター工業
〒759-0206
山口県宇部市大字西岐波1883-8
TEL.0836-54-0555
FAX.0836-54-0556
TOPへ戻る